【富士レークホテル】新入社員向けUDC研修

富士レークホテルにて、新入社員向けユニバーサルデザインコーディネーター研修およびをサイン改善アドバイザリを実施しました。

新入社員向けユニバーサルデザインコーディネーター研修/サイン改善アドバイザリ

日時:2017年4月19日(水)
対象:富士レークホテル 2017年度の新入社員

【実施内容】

  • 新入社員向けユニバーサルデザインコーディネーター研修
  • 3級ユニバーサルデザインコーディネーター資格試験
  • 館内サイン 改善アドバイザリ

新入社員向けユニバーサルデザインコーディネーター研修を終えて

毎年恒例となった、富士レークホテルさまユニバーサルデザインコーディネーター研修を実施してきました。
今年も、ホテルに宿泊される「実際のお客さまの多様性」を体系的に学び、車椅子と視覚障がい(全盲)のお客さまを想定した「実利用者体験」も実施しました。今年の新入社員は、「3級ユニバーサルデザインコーディネーター資格試験」にもチャレンジして、見事全員合格となりました。
様々な特性のお客さまに対して、一般的にサービス業全般として、マインドや思いやりだけで対応しがちですが、かえって過剰すぎるサービスや偏った知識による配慮で、お客さまに不快な思いをさせてしまうこともあります。富士レークホテルでは、『誰もが幸せになれるユニバーサルリゾート』を目指して、施設や設備だけでなく、従業員の教育に対してもスパイラルアップを実施しています。

館内サイン 改善アドバイザリ

今回は、館内にあるサイン及び案内表示について、実利用者視点の改善アドバイザリを実施しました。
目的は、「ホテルに滞在中のお客さまが快適に過ごしていただくこと」、「また来たい!と感じていただくこと」の2つを満たす館内サイン及び誘導案内の改善です。最終的に計17箇所の改善アドバイザリを実施しました。
実利用者研究機構(ジツケン)では、ホテルや施設等で、お客さまが迷ったり、いちいち従業員に尋ねることなく、快適で安心して利用して頂けるための改善ノウハウを改善アドバイザリを実施しています。


富士レークホテルさまは、さまざまなUDコーディネーター研修を受講されています。

富士レークホテルさま新聞記事
「災害時の避難対応のついて学ぶ」体験型UD研修のようす
「災害時の避難対応のついて学ぶ」体験型UD研修
富士レークホテルさま新聞記事
【富士レークホテル】新入社員向けUDC研修

富士レークホテルさまは、2015年度のUD研修、2016年度の新入社員「ホテル・サービス業向けのUDスキルアップ研修」や、幹部社員のホテル・サービス業向け「障害者差別解消法に特化したUDスキルアップ研修」など、社員のレベルに合わせたスキルアップ教育として研修を受講されております。