集団研修について

企業向け集団研修の特徴

ユニバーサルデザインコーディネーター検定®の取得をご検討の企業のみなさまへ、企業単位で講座を受講できるように、企業向けの集団研修をご用意いたしました。

企業単位、グループ単位の研修だから、 内容・時間のカスタマイズ可能!

企業単位での集団研修ですので、部署ごとでの研修、部署を横断しての研修、新入社員向けの研修など、さまざまなカスタマイズが可能です!

  • 場所も時間も調整可能なので、社員のスケジュール調整がしやすい!
  • 最短1時間30分から、2日間まで、目的に応じた研修を実施できます!

自社の商品やサービスで体験するから、 モチベーションアップ効果も抜群!

企業向け集団研修は、企業単位の研修なので、自社の製品やサービスを題材にして学習できることが大きなメリットです。ショールームや、普段は社外に持ち出せない製品などでも、「実利用者疑似体験」で、体験しながら改善点を探すことが可能です。社員一人ひとりが、自分で何をするべきか「考える力」と、それを実行する「やる気」を養っていきます。

講師が全国どこでもお伺いします。だから、社員の日程調整がしやすい!

ご指定場所での開催が可能なので、社員の日程調整がしやすく、社長も新入社員も一緒になって受講できます。
また、御社の施設・設備・サービスを疑似体験で利用することや、御社の製品や開発中の試作品を、実際の利用状況で疑似体験キットを装着し確認してみることも可能です。「新しい視点」で体験することで、新たな課題が見えてきます。

  • 【開催場所の例】ホテル、空港、ショールーム、駅、店舗、スーパー、コンビニ、飲食店
受講のようす
受講のようす
受講のようす

取得により得られる効果の例

ホテル客室・接客・非常時災害時の対応の品質向上
公共交通機関設備(トイレなど)・誘導サイン・非常時災害時対応の品質向上
メーカー新商品の企画・開発・改良・お客さま対応における顧客満足度向上
店舗販売店舗設備・接客・商品陳列・電話対応・非常時災害時対応の品質向上
高齢者ケア施設設備・利用者対応品質向上(認知症から発生する問題等)

ユニバーサルデザインコーディネーター教育プログラムは、こんなところでも活用されています。

グラフ:ユニバーサルデザインコーディネーターの分野
メーカーエレベーター・昇降機、建築資材・住宅設備、文具、
各種家電製品、携帯電話、デジタルカメラ、オーディオ機器、
業務用厨房、キッチン用品、印刷物・取扱説明書、 各種容器・パッケージ等
建築関係ホテル・旅館、各種公共建築物、マンション、戸建、不動産等
デザイナーグラフィックデザイン、インターフェースデザイン等
医療・福祉介護支援専門員、看護師、介護福祉士、ホームヘルパー、作業療法士、理学療法士、薬剤師等
行政中央官庁職員、県庁職員、市役所職員等
教員大学教員、高校教員、その他教育専門機関の教員等
その他研究職、調査マーケティング職、広告代理店業、文系学生、理工系学生、主婦